静岡キリスト教盲人伝道センター HPへようこそ 

盲人伝道センターご支援のお願い

盲人伝道センターご支援のお願い

静岡改革派キリスト教盲人伝道センターは、1958年に、改革派静岡教会初代牧師:青山輝徳師(視覚障害者)と教会員の宣教と篤い祈りの中で始まりました。キリスト教点字図書館と盲婦人ホームが生まれ、視覚障害者の信仰と生活相談を、国庫の援助を受けず、皆様からの献金のみで行なってまいりました。

現在は、プロテスタントでは唯一のキリスト教点字図書館としての働きが中心となっています。

数年前からデジタル化の動きを受け、点字図書館も音声・点字のデジタル・データ化を行なっています。それに伴い、製作機材やデータ保管のための費用負担が大きくなってきました。

この事業の維持・継続のために、運営に参加し支えていただけませんか。
 一口:一ヶ月100円 から維持会員になっていただけます。

多くの方々のご参加により、主の事業に用いられます。

ぜひ個人、教会、団体ごとにご協力ください。

お申し込みは左記のボタンをクリックすると申込用紙が表示されます。 ご記入頂き、送信ボタンを押して下さい。

なお、 詳しくは盲人伝道センターまでお問い合わせください。

 
*できるだけ半年または1年単位でまとめてご送金いただければ感謝です。

*教会・団体の場合は、取りまとめの方のご氏名の記入をお願いします。

*今までも維持会員としてお支えいただいている方々は、再登録の必要はありません。引き続き変わらぬご支援・ご協力をお願いいたします。

*新規会員の方、または今までの維持会員の方それぞれ、よろしければメール・アドレスをお知らせください。
センターからのお知らせ等をお送りさせていただきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional